ブログ

進化し続ける銀座の真髄: 伝統と革新の共存

前回は、江戸・明治・大正・昭和を経て、大きな災害に遭遇するたびに街機能がグレードアップした「銀座」について、東京大空襲で多くの家屋が焼失した1945年(昭和20年)までを報告しました。 今回は、戦後「銀座」が再び復活を遂げ、今日まで歩んできた歴史と変遷について報告します。

記事を見る

「高いから買わない」は本当? お客様が大切にしていること

これらのコメントは、商品の価格だけでなく、販売員が提供する付加価値が重要であることを示す実例です。 また、販売員が提供する付加価値がマイナスの影響を与えた事例も、合わせてご紹介いたします。 予算オーバーではあったが接客により満足していただけた事例 スタッフとの対話によりお客様自身の潜在ニーズに気が付くことができた事例 スタッフの接客態度によりマイナスの影響を与えた事例 これらの3つの事例を通して、接客体験が商品選びにおいてどのような影響を与えるか、ぜひご確認いただきたいと思います。

記事を見る

衰えない銀座の魅力とその秘密

「銀座」は、日本一のターミナルである東京駅八重洲口には至近であり、徒歩でのアクセスが可能という抜群の立地の良さがあります。 現在は、全国各県のアンテナショップを始め百貨店や有名ブランドが立ち並び、煌びやかに彩られ、日本の中心地としての役割を果たしていますが、この街にも、かつては未開地だった時代がありました。

記事を見る

教訓は若者から!「忙しい」から見出す最善の方法

人手不足が慢性化している昨今。 有難いことにコロナ禍明けの店頭回復、そして(有難くありませんが)空前の転職ブームの影響もあり、採用し続けても一向に充足されることのない苦労を感じている企業が圧倒的だと思います。 弊社も同様で、店頭スタッフには日々、苦労を掛けている事を本当に申し訳なく思っています。 そんな中、明るい一筋の光のようなエピソードが届きました。 1件目は、お客様アンケートに寄せられたご意見から分かったスタッフの素晴らしい行動です!

記事を見る

笑顔と信頼の店舗改革:課題店からトップを達成する方法

実際に着任して一番に感じたのは、『お店の空気感が悪い』ことでした。 スタッフ同士がギクシャクし、非常にネガティブになっているようでした。 ベテランスタッフが多く、他店と比較しても販売スキルは非常に高いのに本当にもったいない。 今の空気感をポジティブにできれば、売上やKPIで大きな成果が出せると、このお店のポテンシャルに期待を感じました。 そんな木更津店で、自分が取り組んだことは大きく3つです。

記事を見る

BBQ復活!改めて感じる社内イベント効果!

「今こそ社内コミュニケーションの活性化を」 弊社では毎年、秋の大イベントとして、運動会&BBQ大会を実施しています。 しかしこの3年間、コロナ禍により実施が叶わず、先日、4年ぶりに開催することが出来ました! そして、コロナ禍での在宅勤務やオンライン会議が定着し、社員間のコミュニケーションが希薄になってきている今だからこそ、このリアルなコミュニケーションの場の復活に大きな意味を感じることができました。 弊社は7ブランド、25店舗の販売代行を担っております。 そこでまず今回の企画を考える際に、【与件】として、以下のことが挙げられました。 コロナ禍に入社したスタッフ、コロナ禍にオープンしたショップもあり、初めて会うスタッフが多い。 上は70代(本社メンバー)、下は10代と年齢幅が広い。 所属ブランドによって人数に偏りがある。 そこで、事前に店スタッフから企画プロジェクトメンバーを募集し、企画ミーティング、現地調査、決起大会などを重ねた結果、これらの与件をふまえた店スタッフのユニークなアイディア満載の競技を楽しむことが出来ました。

記事を見る

伝統と革新の街、​​​​​​​新たな時代への挑戦

日本橋は昔ながらの伝統を引き継ぐ老舗店と呉服店から発祥した百貨店が共存する商業地として繁栄し、明治初期には金融センターが加わり、オフィス街へと発展しました。1923年(大正12年)には関東大震災、1945年(昭和20年)には東京大空襲という大きな被害を受けましたが、それらの困難を乗り越えて今日に受け継がれています。 戦後も決して順風満帆ではありませんでしたが、今回はその経緯と日本橋のこれからの再開発計画について報告します。

記事を見る


対話から生まれる​​​スタッフとの絆

私たちのお店が目指すビジョンは「豊洲店のファンをつくる」です。 豊洲店のファンとはお客様はもちろんですが、実は、スタッフも豊洲店のファンになって欲しいという超個人的な裏テーマがあります。 一緒に働いてもらう以上、「豊洲店で働けてよかった!」と少しでも思ってもらえるようにスタッフとの『対話』に注力しています。対話を重ねることで相手と自分自身を理解し、相手に理解してもらい、個人個人が自立しながらリスペクトし合える環境をつくることが自分の使命だと考えているからです。

記事を見る

チームプレーから学ぶ 感動と成功の秘訣

一朝一夕では成し得ない『チーム一丸』。 その過程を自分の組織(チーム)に重ね合わせて見てしまうのかもしれません。 そのように感じるのはお客様も一緒のようで、店頭接客でもチームプレーに対するコメントを多く頂きます。 今回はその事例をいくつかご紹介致します。

記事を見る

ご購読はこちらから

本ブログは、メールマガジンでも配信しています。

【こだわり】
現場で働く仲間に今伝えたいテーマに拘る。

現場で起きているリアルな事例に拘る。

現場で働く仲間が 元気になる提案に拘る。

購読ご希望の場合は下記フォームより
必要事項をご入力ください。




人気記事ランキング

タグ一覧